« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

シャーロットのおくりもの

わたしのブログのタイトルにもしている、

シャーロットのおくりもの

これは、わたしの大好きな本の題名です。

小学生のとき、学校で見せてもらったこのお話の映画にとても感動しました。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B000O58VA2/ref=dp_ob_neva_mobile

わたしがみたのはこれ。


アメリカを代表する児童文学作品

簡単に言うと
蜘蛛のシャーロットが、こぶたのウィルバーの命を助けるお話

ハムにされそうになるのを、シャーロットが
蜘蛛の巣に
SOME PIG (たいした ぶた)
って文字をいれて、奇跡を起こして、

そのあとも、
牧場の仲間たちと協力して、
素敵な文字を蜘蛛の巣で綴って

ウィルバーは品評会で優勝するんです。
でも
その夜シャーロットは静かに息を引き取ります。


ウィルバーは言います

 どうして僕のために、いろいろしてくれ たの
 僕にそんな価値ないのに。
 君には何もしてあげてないのに

シャーロットは答えます

 あなたはいいお友達だったわ
 それだけで、すばらしいことじゃないの
 あなたがすきだから、わたしは網に文字を書いたのよ
 生きるってどうゆうことだと思う?
 生まれてきて、少しばかり生きて死んでいくんでしょう
 クモの一生なんて、罠をしかけたり、羽虫を食べたりのさんざんなものなの
 あなたを助ければ、自分の一生が、ちょっとはましなものになると思ったのかもしれないわ


そう
私も、すこしばかりでも
すきな人たちをたすけていけたらなあ

と思っています。


シャーロットのおくりものをよんでから、
家で見つけた蜘蛛をかわいいなあとおもって
殺せなくなりました。

子供向けのお話ではありますが、
生きていくこと、
死んでいくことを
真面目にとりあげています。

ぜひ、子どもたちだけでなく
大人にもよんでもらいたいなあ。



| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »