« おむすびころりん | トップページ | 大学時代の友人とランチ »

ムレスナ紅茶とフィセルのパン

ムレスナ紅茶とフィセルのパン
友達のえみごんに誘われて、裁判所の裏にある、TeeTaっていうムレスナ紅茶の専門店にランチを食べにいきました。ランチを注文したら、紅茶が飲み放題って言うことだったのですが、ほんとにほんとに食事のはじめから最後まで、マスターがどんどんいろんな種類の紅茶をいれては、カップに注いでくれて、もしかして私たち20種類くらい飲んだかも。こんなに飲んでもランチ代金だけなんて…なんてなんて良心的といいますか、ゼッタイ儲けないですよね。高校生の息子も興味示してついてきたのですが、紅茶の醍醐味をしってしまったようです。ほんとにいろいろなフレーバーティーがあって、どれも美味しくてついついあれもコレもと飲ませていただきました。サラダのドレッシングも、豆乳プリンのシロップも紅茶で作っているとのことでとっても感動heart01すごく美味しいのです。美味しい紅茶の入れ方や飲み方をレクチャーしてくれて、ついついお話もたのしんでしまって、3時間近く居座ってしまいました。

帰りに、ノーマイカーチケットもあることだし、久しぶりに、阿波座のブランジェリーラボフィセルのパンを買いに行きました。家に帰ってここのパンと、美味しい紅茶が飲みたくて。最近雑誌にもよく登場されてるオーナーの池田さんがレジにいらして、「お久しぶりですね」と声をかけてくださいました。ついつい紅茶のお店でランチしてという話をしたら、「私もムレスナティーのんでます。美味しいですよね、先日ホテルでのティーパーティーもいったんですよ」とおっしゃってました。お砂糖も洗双糖がいいんだそうですと、今聞いてきたことを話したら「うちのパンは全部洗双糖つかってるんですよ」とおっしゃってました。みんなこだわってはるんやなあ。

ということで、家に帰ってきて今からブリティッシュローズって言う紅茶で渋皮マロンのパン食べました。おいしいuphappy01

|

« おむすびころりん | トップページ | 大学時代の友人とランチ »

グルメ 食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おむすびころりん | トップページ | 大学時代の友人とランチ »